So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

千葉印旛沼より埼玉の川越付近

皆さんこんにちわ、こちらはまだモフモフの若フクロウです。不苦労?でも撮影するのに苦労しました。朝4時に高速に乗り現地に6時に彼に会えました。結構近かったので度アップしてみました。
7V4A0670.JPG
前回、印旛のアオバズクを撮影した際に、散歩をされている5,6人のご婦人方にここに決まった木に止まるフクロウがいるみたいなので、1週間も通えばその周の1日位は会えるよと教えていただきました。でもサラリーマンの身に1週間通うのは無理、しかし通う事3週でやっとあえました。
足になにかもっている。シャベルのような手足のネズミ型、モグラを捕まえた模様。
7V4A0720.JPG
そして食事を始めた。単純に生き物を捉えて食す。彼を見ていると生きることの基本を教えられる。
そしてふと我にかえると自分も自然の中の一部だと思い知らされる。
7V4A0747.JPG
夢中になってシャッターを切るこちらは、辺りに蚊が20匹ほどぶんぶん飛んでいて、虫よけスプレーをたくさん浴びたはずなのにこちらが蚊の朝の食事になりそうだ。
すぐに現場を離れ自宅方面に、印旛をすぐ出たところで電柱に止まっているサシバの若にも会う。
7V4A0987.JPG
千葉県印旛方面の野鳥の種類の多さに懐の深さを感じた。
そして埼玉によると今年もハラグロアジサシが来ていた。
7V4A1359.JPG
お腹から肩にかけて黒くなっている。
7V4A1449.JPG
日曜日は天気に恵まれありがたかった。

nice!(19)  コメント(4) 

6月の大田区平和島の公園

最近では夏日に近い気温と雨模様の天気があいまって通勤路の公園では
今年もネジバナがニョキニョキとあちらこちらで顔を出し始めました。
IMG_1333.JPG
もうまもなく小型のニイニイゼミが啼きだすでしょう。
初めて見たボケの花の実。
IMG_1268.JPG
沖縄ではないのですが、ここ大田区にもディゴが咲きます。
IMG_1328.JPG
常夏に近い気温でとても東京都とは思えません。
かと思えば、高山に咲くウツボ草が花をつけてます。誰か植えたんですね。
IMG_1330.JPG
もう間もなく夏本番ですね。
nice!(18)  コメント(3) 

今週のアオバズク

やはり夏の渡り鳥を求めて再び千葉県印旛方面に。
この時期きになると気になるのが、アオバズクの到来。以前はお隣の埼玉県にもお目にかかれる場所があったのですが、去年あたりから姿を見ない。
千葉県の公園に着き入口辺りでコジュケイの親子にいきなり出あう。
7V4A0191.JPG
啼くときはけたたましい声でチョットコイチョットコイと鳴く。
そして、こちらはアオバズクのチョットコイコイの足での手招きのポーズ。
7V4A0615.JPG
大きさは見た感じソフトボールよりチョットだけ大きい感じ。
昼間の普段はじっとしていてこんな感じ
7V4A0657.JPG
観察を初めて2時間ほどすると、あたりでカラスが騒いでいる。
カラスの声にびっくりして体を細くし、目を大きく明けた。
7V4A0472.JPG
この時期の鳥捜しは、蚊、虻との格闘で楽ではない。
nice!(22)  コメント(5) 

裏高尾から相模原へ

行き尽くすところさまざまで、また裏高尾山のバンガロー付近へ
あと20日も過ぎれば今年もアカショウビンの声がこだますころになるのか。
まだサンコウチョウが啼いている、そしてカメラを向けると飛び去る一瞬を偶然に捕えた
7V4A9836.JPG
そして近くにの枝に止まりさえずり始めた
7V4A9779.JPG
口の中も青い。
少しカメラ機材を担いで登山道を上がると開けたところでサンショウクイに会う
7V4A9998.JPG
何枚かシャッターを切ると近くの枝に来てくれた、彼らの好奇心の強さには脱帽。
毛並みも綺麗に撮れた。
場所を高尾から相模原に移すとまたオオルリが啼いている。
1羽目ははるか遠く、しばらく行くと近くでもう1羽。こちらも好奇心旺盛で枝の茂みの奥からすぐ近くの電線に
チョット絵が自然でなく苦笑い
7V4A0095.JPG

nice!(25)  コメント(2) 

印旛沼のサンカノゴイ

ことしの初夏もまた去年に引き続き大型の夏鳥にあえた
その鳥は、サンカノゴイ
体長70cmほど、翼長は約1.3mで見た目はカラスよりも1まわりぐらい大きい。
そして運のいいことに目の前の芦原の藪から飛翔。数枚を撮影する事ができた。
7V4A9438.JPG
7V4A9439.JPG
車を止められる場所が限られている狭いところなので、お昼に到着しカメラを構えている人がまばらになったころ、目標地点に。
それから待つこと約5時間、やっと会えた。それも去年よりも近くで優雅な飛翔。
去年は田んぼの畦道で発見。
7V4A5005.JPG
(去年の画像)
止まっている姿はヨシゴイに似ているが、大きさはけた外れだ。
今夜は達成感でゆっくり寝られそうだ。
nice!(25)  コメント(4) 

近場の公園でコサメビタキの家族

近場の公園(もちろんお隣の埼玉県)に何気なしに行ってみた。
3人ぐらいのカメラをもった人達が木の枝先にレンズを向けていた。
公園内を一回りするもあまり鳥の姿がなく、先ほどの場所に舞い戻ってみた。
小さい小鳥がうろうろして枝先と藪の中を行ったり来たり。
良く見るとコサメビタキが2羽、盛んに動いている。もっと目を凝らすすと枝先に巣がある。
初めて見たコサメビタキの巣、そして中に雛もいる。
7V4A9060.JPG
雛は5羽ほどで大所帯。しきりに親がオスメス交代でで餌を渡している。
しばらくすると、1羽の親が疲れて休んだのか、はたまたたまには人間の相手もしてやるかとどうかは分からない。でも目の前に来てこちらを気にしながら枝に止まっている。
7V4A9256.JPG
たぶん、子育てで神経質になっていてこちらを偵察していたのかも。
なによりも、家族の一時の団欒を見させてもらった。感謝。
nice!(20)  コメント(3) 

印旛沼の初夏

印旛沼に夏鳥を探しに。
オオヨシキリがたくさん啼いている。目当てはまだ来てない様子。
まだチョット早かった気もするがしばらく1~2時間も芦原を眺めていると黄色いムクドリ位の大きさの鳥がフワフワ飛んだ。
今年もヨシゴイが来ていた。2羽で仲良く飛ぶのだが、飛行時間が短くなかなか撮れない。
あっち飛んだ、こっち飛んだとみていると、やがて近くの藪に来てくれ、やっと撮影。
7V4A8770.JPG
飛びだしをまっていると見事に飛行を披露。風が強く向かい風にフワフワと浮くように飛んでくれたのでAFの遅いカメラでも撮る事ができた。黄色い体に目立つような黒い羽先。
綺麗な鳥だ。
7V4A8756.JPG
近所の公園にも2,3年前は来ていたヨシゴイも最近は姿を見なくなった。
帰りに湖畔に寄ると、マスコット的なペリカンのカンタくんに会う。
016A5809.JPG
ご近所の年配のご婦人が目の前で写メをしてるがおとなしくモデルをするモモイロペリカン。
nice!(21)  コメント(4) 

東京都葛西臨海公園

江東区と大田区は海つながりで同じ鳥を結構みかける。
朝早く江東区の臨海公園に行くとポピーが満開。
IMG_1275.JPG
IMG_1276.JPG
そしてまたもシギ、キョウジョウシギに会えた
7V4A8054.JPG
7V4A8049.JPG
飛ぶ姿の羽根が綺麗で目を惹く。
ミヤコドリも取餌中で結構近くでパシャ
7V4A7912.JPG
7V4A7967.JPG
初めてのチュウシャクシギにも会えるが結構団体。
7V4A8456.JPG
飛ぶ姿が嘴が下向きにシャクれていてお腹辺りがずんぐりで背中の白い模様がめだつ結構自分的にツボに入り気に入ってしまった。7V4A8264.JPG
カメラを構えるのがキツイくらいの風の強さにも負けずに向かい風の中を飛ぶ、すごい。
7V4A7814.JPG
偶然にもカニを捕まえたところをパシャ。ここのところシギ続きで夏鳥を追えた。
nice!(18)  コメント(4) 

埼玉県川越市の池

夏鳥を探しに川越市に。
コアジサシが来ていて複数のペアがアッチコッチでメスにラブコール。オスは一生懸命餌の小魚を捕ってはメスに運ぶの繰り返し。
7V4A6078.JPG
目の前で圧巻のホバーリングを見せてくれたオス。そして豪快な狩りを披露をするオスも。
7V4A5381.JPG
メスに餌を口渡し。
7V4A5604.JPG
お目当てのメスにラブコールを送るオスたち。でもよく見ていると1、2回餌渡ししただけじゃメスの気を惹けない様子。中にはメスに餌を受け取ってもらえずそのまま自分で食べてしまうものも。なかなかきびしい様子。
しばらく見ていると、セイタカシギが飛んできた。
7V4A5276.JPG
この日は、初見のキアシシギもきてビックリ。
7V4A7568.JPG
7V4A7615.JPG
図鑑で見ると小さいと書いてあったが、右端のカルガモの頭とキアシシギの頭を比べるとその差3倍ほどもある。夕方には歯医者の予約があったためそそくさと帰り方面の埼玉県宗岡の田んぼに寄ると、今度はアオアシシギに出会う。
7V4A2917.JPG
キアシシギに比べると一回り以上は体も大きく、何しろ足が黄色とはいえ青みがりしかも長くスラリとしている。鳴き声は甲高くキョン、キョンと啼く。
まだ夏鳥に楽しめるみたい。
nice!(21)  コメント(5) 

裏高尾にサンコウチョウ

毎年五月の終わりに来る渡り鳥、今年は早くも五月初めの土曜に啼き声をきく。
その鳥は尻尾の長いそして啼き声がホイホイホイとはて啼き変わっている。
目の周りもクチバシも青くこれじゃまるでポケモン。でも結構身近にいたりする。
五月六日の日曜日に撮影。
7V4A6979.JPG
正面からこちらを見据えるサンコウチョウ。
7V4A7130.JPG
はたまた飛びながら水飲みと水浴びしたり。
7V4A7151.JPG
かと思えば急に頭の上にきてこちらをチラ見したり、
7V4A7171.JPG
もっと近くにきてじっとして気がつかなかったり。
この子が来るとまるで真夏がきたよう感じ。北東京付近では毎年お隣の埼玉県の秋が瀬公園にも営巣にくるようです。でも高尾の方が人も少なく撮影しやすい。
はて来週からどうしよう?
nice!(19)  コメント(6) 
前の10件 | -