So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

広角レンズ買ってみました

いつも拝見させて頂いている、ブログのカメさんやsnowさんの写真をみてこの度はじめてEF16-35mmF2.8ⅡUSMを買ってみました。でも中古です。
新型は約24万円位。ちょっと無理。で中古の型落ちで10万位。望遠レンズに劣らず高いですね。
IMG_1856.JPG
風景専用に使っている5DMKⅣにつけてみました。
そしていつもお世話になっている新宿マップカメラさんの付近を散策、試し撮り。
モード学園コクーンタワー
016A9841.JPG
標準レンズだと2分割でないと捕れないのが1枚で楽勝。
つづいて都庁
016A9848.JPG
016A9853.JPG
F2.8の解像力はすごい、細かい窓枠も見事に写っている。
と同時に超どでかい建物がまるで手のひらの箱庭にあるように写真が撮れる。使い古されてているのでAF反応も早い。なんか写真捕るのが楽しいと思いました。
016A9866.JPG
箱庭状態の大仏様。(実物はもちろんおおきいのですが、あくまで個人の感想です)
016A9870.JPG
標準レンズでは黒くつぶれてしまいそうな影にある竜の頭の造形、さすがF2.8。
nice!(17)  コメント(3) 

渡良瀬遊水地へ再び

今回はさしあたって何処へ行くでもなく、勝手に渡良瀬に進んでしまいました。
ミコアイサの群れかなりまとまっている。
7V4A9152.JPG
残念ながら手持ちだったので手ぶれ状態。
そして冬ではここでおなじみのミサゴ
7V4A9232.JPG
残念ながら魚は持っていませんでした。
そしてハイイロチュウヒ雄。男の背中を語っていただきました。
7V4A9350.JPG
そうこうしてると2羽がスクランブル
7V4A9579.JPG
そして低空飛行
7V4A9656.JPG
ネタがつきてきました。
nice!(27)  コメント(5) 

ホシムクドリ、初写

去年の冬あたりから、ホシムクドリという野鳥がいるのを知り会ってみたいと思っていました。
インターネットで今年も情報があがり、先週の休みに稲敷の草原地に行くことに。
顔なじみの土浦ナンバーさんと会うことができ、さっそく場所を聞くと、快く教えてくれました。
先週は会う事ができなかったホシムクドリ。今週は念願かなって出会えました。
7V4A8160.JPG
朝7時半の牛舎の一角、匂いがチョットきついです。
それは電線に止まってました。
しかも2羽。他のムクドリの群れから離れてポツンと2羽だけ。運がよかった。
体中、白い斑点がブチブチ、ムクドリの変種かと思っていたらちゃんとした種類なんですね。
関東にはあまりこないようです。
しばらくすると食事に飛んでいき、また電線に戻ってくるの繰り返し。
ただ戻ってきてもどこにいるのか分からない。
7V4A8305.JPG
この中にホシムクドリがいます。分かりづらい、3個ある白いガイシの右側のすぐ下。肉眼では見つかりません。
7V4A8352.JPG
今度は普通のムクドリとツーショット。お見合い?ちがいます、この辺はハヤブサがいるので団体で必死に監視しているんです。
7V4A8520.JPG
9時も回ると陽気がよくなり、ダウンジャンパーが暑く感じられるほどになるとホシムクドリも気が緩んだのかあくびを披露。
7V4A8781.JPG
普通のムクドリ達と日向ぼっこ。しばらくするともう1羽が間に入ってきた。
「ぼくもいれて」
7V4A8798.JPG
近くで鳩の群れが飛び、ビックリして一段は飛びたつがまた戻ってくる。
7V4A9014.JPG
今度は、一直線。ド・レ・ミ・ファ・ソ状態。9時半なると40~50羽の群れとともに何処かへ飛び去りました。
同じ場所にずっといると猛禽類の餌食になるのは分かってますからね。
nice!(29)  コメント(5) 

日曜日の茨城県稲敷郡

今年になってやっとジョウビタキのオスに会う。
枝の奥の奥からこちらをキョロキョロ。こちらの様子を観察してる。
7V4A6375.JPG
しばらく何度か遠目からこちらを見ていたが1時間ほどもすると知らぬ間に頭の上から鳴き声が聞こえた。
7V4A6451.JPG
近い、写真を捕るも顔にピントを合わせると、体全体がボケボケ。
ひょうきんな動作がすごいかわいらしい。
草原の上をまたズグロチュウヒが飛ぶ。
7V4A7914.JPG
7V4A7949.JPG
体はまだ若鳥だがもう頭は大陸型の様子。以前ここでであった2羽のズグロチュウヒとは違う鳥の様子。
今年は運のいいことに3羽のズグロチュウヒ会えた。
来年はもっといい出会いに恵まれるといいなと思いました。
nice!(25)  コメント(3) 

ウミスズメ、初見初写

三連休の初日、三浦半島の長い漁港へまだ見てないウミスズメを見に。
実は初夏に何度か茨城、千葉の銚子とウミスズメを見に行くがことごとく会えず。今回も空振りを覚悟し朝4時半に現地に、夜明けをまち6時前に漁港の海面からピッ、ピッと甲高い声が。
急いでカメラを用意すると海面に6、7羽のウミスズメ、やっと会えた。日が完全に上がると、近くに1羽がいた。
7V4A7617.JPG
体長は25cmほど、ムクドリとほぼ同じでも波のある海原ではあまりにも小さくて30cm、40cmの波のうねりが来ただけでも十分体が隠れる。探すのが難しい。900枚ほどシャッターを切ったにも関わらずピントが出てるのはわずか30枚ほどだけ、あとはピンボケのオンパレード。
別の鳴声がする、カメラを向けると水浴びを楽しむ別の1羽。まるで水面に顔を出したみたいに
7V4A7274.JPG
鋭くピッ、ピッと鳴く1羽
7V4A7448.JPG
チョット離れた所に2羽が、どうやらこの3羽同じ仲間の模様。
7V4A7513.JPG
もう一度手前の1羽が鳴くと構えていた2羽がすかさず潜水。
7V4A7549.JPG
防水のきいたみごとな毛並み。
7V4A7557.JPG
そして鳴いていた1羽が遅れて潜水。しばらくすると海面に12cmほどのカタクチイワシの群れがビックリしたように水面に30匹ほど跳ねあがる。ウミスズメたちはなかなか浮いてこない、すごい潜水能力だ。
しばらくしてふと全てが納得できた。
1羽が指令役で魚の群れをそっちに行ったとピッ、ピッと鳴いて教えると離れて待って2羽魚の群れを追いこみ鳴いた1羽もわざと遅れて群れを挟むように追う事で狩りの確立を格段にあげている。
こんな小さな鳥たちが集団で一矢乱れぬ連携で狩りをしている。かなり頭がいい。ビックリした。
まるで映画のジェラシックパークの群れの肉食獣が団体行動をしているのとよく似ている。
今度はこれまでになく大きな口をあけて指令を出している
7V4A7657.JPG
よほどいい魚の群れが下にいるようだ。
7V4A7649.JPG
狙う仲間もニンマリ顔でこちらにアピール。
「きみもいっしょにおいで」と(ヤマカゼに)言っているような。
そしてすかさず、潜水
7V4A7650.JPG
「ごちそう待てー、じゃあお先に」
(あのー、ウミスズメさんヤマカゼは人間なもんでついていくの無理!)
この日5時45分に満潮でわずか2時間チョットで干潮の気配、防波堤の30m先にくきりと出ていた潮目が消えてウミスズメも沖に。
016A9822.JPG
漁港は釣りを楽しむ方々も。
時間はまだ9時大周りをして横須賀の米海軍の裏ゲートにあるカフェアイルランドで海軍カレーを
IMG_1808.JPG
開店10分前なのにすでに開店待ちのご一行
IMG_1813.JPG
開店と同時に満員
IMG_1809.JPG
メニューは三、四種
IMG_1810.JPG
20分ほど待ち、店内に案内されるとユーフォーキャッチャーでゲットしたと思われるフィギァの数々。
IMG_1811.JPG
きた、海軍カレー
IMG_1812.JPG
カラミ、スパイシーな刺激はなく、かつて小学・中学の給食で出たカレーライスを思い出す。
(看板に昔なつかしの母の味とある)
女性客(熟年のかた、若いギャル系の方もが多い。
三浦半島を満喫した連休初日でした。
nice!(23)  コメント(4) 

ハイイロチュウヒ(渡良瀬)

17日土曜日は栃木へ。
栃木県の渡良瀬遊水地で冬の名物といえば、大陸から渡ってくる体が白っぽい灰色。
オオタカより一回り大きいタカの仲間それは(ハイイロチュウヒ)。皆さん縮めて(ハイチュウ)と呼んでいる。
(ピカチュウの親戚ではない)
今年も芦原の上を飛ぶ姿を求めて脚立の上からその姿を待つ面々一堂をなすのが風物詩?
IMG_1792.JPG
夕日が芦原を照らす夕方4時ごろ来た!芦原をぎりぎり低く飛ぶ。
7V4A6601.JPG
白っぽい体に羽根先が黒くお洒落なやつ。こちらに向かって飛んできてくれた。よく見るとカギ状の嘴の先が黒い。目の色は黄色でハンターのまなざし。
7V4A6605.JPG
空中を舞ったが逆光で輪郭がボケボケ。
7V4A6676.JPG
急反転する尾羽はボケて空の色に融けた。いいチャンスだったのに!痛恨!
7V4A6669.JPG
そしてまた芦原の上を8回ほど旋回してくれた。
7V4A6719.JPG
2年前はここで姿を見なかったが今年は凄いサービスをしてくれた。
カメラマンはおよそ総勢50人ほど。今年はいい出会いだった。
nice!(25)  コメント(5) 

富士五合目に再び

前回の写でどうしてもホシガラスの緑バックの絵と、飛びの絵が撮れなかったので
再び。
寒さもまし朝早く待つが、鳥が来ない、ようやく10時過ぎにパタパタと峰の奥からホシガラスが来てくれて
木の先っちょに止まった、遠いー。
7V4A5969.JPG
自分のイメージに近いが遠い。足環のない子だ。
何度か飛びを狙うもやっと撮れたのは前回の水浴びを披露してくれた足環くん。
7V4A6125.JPG
シュワッチと勢いよく滑空。これもイメージに近いが遠い。
しばらく散策するとハイカー用に並べられた石畳の上にルリビタキのめすがじっとしている。
7V4A6032.JPG
近すぎて足はボケているが頭の毛並みは最高、目の色は深淵の湖のごとく、逆光なのに良い絵が撮れた。
この後彼方にオオタカの姿を3度ほど確認する。
7V4A6083.JPG
残念ながらオオタカがでたあとはいかなる野鳥も見ることができない。
残念。
016A9779.JPG
スバルラインの富士1号目より、あらぶる富士。ちはやふるとは違う厳しいさが冠雪に見て取れる。
nice!(30)  コメント(4) 

小鳥たちのいい湯だなー、プハー

富士の五合目に探鳥。水場がありこの寒さ(朝10時で6度)の中でも小鳥たちが水浴びにきている。
最初はルリビタキのオス。
7V4A5116.JPG
口を大きく開けていい水加減にプハー
7V4A5179.JPG
つづいてきたのがキクイタダキのオス、黄色の菊模様の中にオレンジ色の毛並みがある。
7V4A5272.JPG
やはりこちらも口を大きく開けて気持ちよさそう
7V4A5306.JPG
そうこうしていると今度はキクイタダキのメスもくる。
菊模様の黄色が薄いのですぐわかる。
7V4A5229.JPG
こちらも気持よさそうでプハーをしている。
やはり女子の水浴びは念入りだ。
7V4A5252.JPG
ウソのオスもきたが小さく口を開けてプハー
7V4A5467.JPG
しばらくするとここでは有名人のホシガラスがくる
7V4A5648.JPG
水浴びは近すぎて顔だけ
7V4A5602.JPG
水浴びを終えると岩場からこちらをチラ見
7V4A5817.JPG
今度は足環のない子が枝上から、上から目線。
7V4A5836.JPG
富士は雲に隠れて展望が望めない
IMG_1742.JPG
nice!(30)  コメント(5) 

河川敷の冬の渡り鳥

各地でジョウビタキとか冬の渡り鳥の情報が飛び交う中近くの河川敷に行く。
こちらもジョウビタキのメスが来ていた。そして何の実か分からないが物色している。
7V4A4797.JPG
「この実あたりおいしいかしら?」
7V4A4801.JPG
「あらよっと」
「ウング、グッ、グッ」
「あら、やだ、野鳥界のサザエと申します」
7V4A4912.JPG
「あたいのえさ場をあらすよそ者は?パトロール中」
「美味しい実に恋愛中!」

今年は早くもベニマシコ会う。
7V4A5012.JPG
「あれー、藪の中に隠れているのに見つかっちゃたー?」
7V4A5015.JPG
「おーい!みんな!人間がこっち見てるぞー!」
近くの藪の中、それでもかなり解像できている絵が撮れて良かった。
こんなに早く冬鳥に会えて、はて来週からどうしよう。
nice!(25)  コメント(4) 

戸隠の初見、初写のムギマキ

サラリーマン生活でチョット空きができたので土、日、月で有給休暇をもらい長野の戸隠へ。
このシーズン戸隠神社の混み様はすごい。野鳥撮影をかねているのでど渋滞の中社を過ぎ、奥社へ。
016A9738.JPG
お参りの順番待ちで行列、この脇に戸隠山の登山口があり30度を超えるキツイ勾配の登山道を30分ほど行くと紅葉に浮かぶ戸隠山の全容に圧巻される。
016A9743.JPG
紅葉はさておき、ムギマキに会えた。スズメよりもチョット小さいヒタキの仲間。
ムギを蒔くころに渡りで少数がくる。
運よく目の前でオスのムギマキがミズキの完熟の実を一つパクリ。初写。感激。
7V4A3873.JPG
また物色して選別。
7V4A3887.JPG
そしてまたくわえた。
7V4A3888.JPG
すかさずのけぞりながらごっくんと丸のみ。
7V4A3891.JPG
チョット満足の木陰の様子。満足げな様子は見ているこちらもなんかほのぼのとする。
7V4A3896.JPG
今度は蛾を捉えてパクリ。
7V4A4503.JPG
遠くから見ると黒い体にオレンジ色が喉からお腹まで、じっとしていると紅葉にまぎれて探すのが困難。
この日曜日はカメラマンが50人以上、きっと同じ写を得ているのだろう。
前日、土曜日の夕方にはムギマキのメスに会えた。
7V4A3581.JPG
暗くてかなりきびしい画像
7V4A3749.JPG
月曜日に再度、期待したが一度も会えず。
昔100名山制覇をめざしたころに食べた牧場の白樺食堂で再びそばを食べる。
IMG_1685.JPG
おおもりそばで900円。
IMG_1684.JPG
出てきた。
更科風の白いそば、と付け合わせの天婦羅、ふろふき大根。
盛り付け方が山形の板そばににていてドッキリしたが食べて安心、めちゃくちゃ堅い山形の十割そばとは違い歯触りはソフト。2本程を口に入れ十回ほど噛むと甘みがでて鼻に蕎麦の風味が抜ける。
あとは大盛りをひたする食う。
これで900円良かった。一度見てみたかったムギマキにも会えて良かった。
nice!(20)  コメント(4) 
前の10件 | -