So-net無料ブログ作成

再び山梨県の大菩薩嶺へ

前回、撮影できなかったコルリ君に会うことができました。
やはり朝5:30夜明けとともに鳴いてました。去年はここで7羽ほどが鳴いていたのですが今年は2羽。
朝早くからさえずり。
7V4A6701.JPG
カメラの目線が気になってしばらくヤマカゼを監視。片足でスタンディングめっちゃ寒い朝です。
7V4A6712.JPG
監視を終わるとじゃあーさいならとササ藪に、連休2日目のここでは-5度でした。
コルリさんご出勤御苦労さまでした。前回空振りだったのでうれしかったです。
しばらく林道を上がると、新たに湯沢林道が開通していました。
土留め壁の排水管に物件を物色するヒガラちゃんに会いました。雨の日の翌日はそこはお勧めできませんよ。
7V4A6775.JPG
しばらく行くと黒岳登山口に到着、ササの葉がみんなシカに食べられている。野鳥探索無理かなと思ったら
コマドリの声。藪からこちらを見ている。本日の1羽目コマドリ
7V4A6804.JPG
姿を見るもすぐ飛び去る、やはり営巣にはここは向いてない様子。
しかたなくまだ閉鎖された林道に行く。
10kg近い荷物をもって片道1時間半の坂道歩き。
現地近く来るとやった、コマドリが鳴いている。時間は9時近く気温も高くなり藪でじっとしていられない様子の
2羽のコマドリに会う。あれま、もうペアリングが終わっている。撮影無理かなと思ったらびっくりしたことに
藪奥の枝に歌舞伎の千両役者のポーズで本日2羽目のコマドリオスがポーズを取る
7V4A7035.JPG
おっとっとと枝を進み、キメのポーズを決める。さすが千両役者(一万両!)見事に決まった。
7V4A7036.JPG
でもこのコマドリオスは踊っている訳ではなく、スズメより小さくて見事な色彩の体と大きな鳴き声で
人間のヤマカゼに(ここは僕たちの愛の場所、おまえ出てけ)と激アピールをしているんです。
一向帰らないヤマカゼにじれったくなりメスも近くの藪から出てきて激アピール。
背骨が折れるのではというくらい尾羽がエビぞってます。本日3羽目のコマドリ。
コマドリはメスもオスと同様に啼くんですね。
ちなみに名前の由来は鳴き声が(ヒーーンヒョロヒョロ)と馬に似ているから駒でコマドリ
なんですね。
7V4A7078.JPG
コマドリ夫婦の気持ちが分からない訳でもないので1時間ほどで退却。またテクテクと1時間半の林道を
逆戻り。帰り際にルリビタキのメスがやけに近い目の前に。
7V4A6919.JPG
コマドリばかりレンズを向けていたんでやきもち焼いたんでしょうね。前回もセンダイムシクイを夢中で
撮影しているときに滅多に出てこないうぐいすが目の前に出てきていました。
車の近くではコガラちゃんが営巣準備中。ちゃっかり小型のキツツキの古巣を利用していました。
(中はどんな様子?)
(いいみたい)
7V4A7146.JPG
巣作りは初めて見ました。
nice!(26)  コメント(7) 

nice! 26

コメント 7

mayu

小鳥たち、みんな歌ってますね。
こちらでも、歌声は聞こえるけど、姿が見えません( 一一)
by mayu (2019-04-28 21:01) 

ぼんぼちぼちぼち

どのコも口を思いっきり大きく開けてさえずってる様子が何とも可愛いでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-04-28 22:29) 

hana2019

コルリ君は、お初ですが・・・綺麗な群青色、白いお腹との対比が鮮やかです^^
by hana2019 (2019-04-28 22:40) 

いっぷく

またいいタイミングで撮れましたね
by いっぷく (2019-04-29 03:31) 

snow

こんなにいろいろ見つけて撮れるなんてすごいなぁ

by snow (2019-04-29 21:31) 

おぉ!次郎

色合いがとても綺麗ですね。
by おぉ!次郎 (2019-04-30 06:15) 

tarou

お早うございます、大船フラワーセンター(春の花)に
コメントを有難うございました。
ヤグルマギクです、いろいろな色が有り綺麗でした。

歌う小鳥たち、可愛いですね(^^♪

by tarou (2019-05-02 09:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。